なぜ男性は化粧品を使わないか?

老け顔の原因、対策はほぼ理解しました。保湿と紫外線対策が最も効果的なことも理解です。

かみさんにちょっと貸してと言ったら、断られたのですが、あの後少しだけ使わせてもらいました。その感想を少しお話します。「そうよ、保湿が大事なのよ、これかなりいいから」と少しだけ分けてもらった美容液をつけると、、、、「なにこれ?ベトベトする。手で顔触れないじゃん」と私の感想、そしたら少しムッとして、「わたしの肌を触ってごらん、このしっとりがいい肌なのよ」、触ってみると確かにしっとりしているが、それは男からするとベトベトな印象とほぼイコール。これ以上かみさんの機嫌を損ねるのはまずいと判断し、うやむやにして退散です。

今までまともにスキンケアなんてしてこなかった40代後半の男が女性向け高保湿成分をすんなり受け入れられるゆわけがない。ベタベタして気持ち悪いのが先にきてしまいました。

その後、スーパーで買い物していると「武士のたしなみ」という男性用化粧水が450円くらいで売ってたので、試しにと購入しました。風呂上りに使ってみると、アルコールが強いのかスースーするはピリピリするはで、3日後に捨ててしまいました。男性用化粧品というとどうしても「すっきり」させる方向が強いようです。

かといって女性化粧品のあれだと「ベタベタ」なので、中間のものがいいなぁと感じました。

今日の理解したこと

● 男性用化粧品は過度にすーすーとすっきりが強調されているケースが多い

● 女性の保湿の感覚はやっぱり男性と異なる。女性用化粧品なら「保湿が足らない」くらいのがいいかも

● 成分から自分に合いそうなスキンケア商品を選びにかかります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です