寄り道:オモテオ白髪染めシャンプーで思うこと

老け顔対策中の40代後半男です。現在オモテオとルシードでスキンケアしてますが、ちょっと寄り道。

ベタベタしないオモテオ プレミアムシンプルケアエッセンスUVを毎朝使ってますが、このオモテオからもう一つ「カラーシャンプー」というのが販売されてます。シャンプーして白髪ケアできるとのこと、、、。

幸い私の髪は遺伝からか、結構黒く、白髪も見当たりません。しかし40代後半ともなると回りを見渡すと結構白髪が多い人に気付きます。早い人だと40代初め頃から白髪が増えてきたそうです。

いきなり「白髪染め」するっていうのはどうも抵抗あるし、対応方法がよくわからないっていうのが正直な感想じゃないでしょうか?わたしが今、白髪が増えてきたらどうしよう?って悩むと同時に「年だから仕方ないや」って諦めるのと半々かな、、、と思います。

そんな時にこの白髪染めシャンプーをあらためて考えると掃除機のルンバみたいと感じました。

そう今では自動掃除機として認知ある「ルンバ」ですが、最初はテックギア好きのマニアックな、遊びで購入するようなイメージでした。どうせ綺麗になんかならないけど、おもしろいし、、、、って感じです。しかし、自動掃除機としての認知拡大と同時に、「あなたの時間を有効活用」というコンセプトが受け入れられてきたんですね。外出時にルンバをセットしておけば、時間を有効に活用できることにみんなが気付いたんです。吸引力が無くとも、ゴミの取りこぼしがあろうとも、掃除という時間を割かなくてもある程度自動で部屋を綺麗にしてくれるなら、その空いた時間はとてつもなく価値があるってことです。

このオモテオの白髪染めシャンプーも同じようなコンセプトと感じました。どうせシャンプーはするのだし、新たに白髪ケアのための時間を必要としない。たぶん白髪染めのように綺麗に染まらないと思いますが、逆に徐々に染まっていきながら特別白髪のために時間と手間をかける必要がない、、、。

時間の価値って結構いろいろなところであるんだな、と感じた次第。寄り道でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です