男性にスキンケアが必要な時期とは

そもそも男性に化粧品は必要ない、と断言されている皮膚科の先生もいらっしゃいます。その先生の真意は「日常的に肌によくないことを行ってる男性が、化粧品つけて改善するわけない」ということと思われます。

「おしぼりで顔を拭く」とか、「タオルでゴシゴシと拭く」とか、皮脂を悪者扱いして「強い洗浄成分で痛めている」とか、「アルコール入りの洗顔シートで拭きまくる、、」ですね。

男性にスキンケアが必要なのは経験的にやっぱり「ニキビ・吹き出物」が多い10代と乾燥・コジワの40代かな?と思います。その年代以外でなにかしら肌トラブルある人はすなおに医者(皮膚科)へ行ったほうがよいです。医薬部外品選びに四苦八苦するくらいなら、医者に相談して医薬品を処方してもらうほうがずっと効果あると思います。(もちろん、使い方含めちゃんと指示にしたがって、ですが。)

わたしのような40代の後半ともなると、40代から始まった乾燥がコジワをどんどん深くしている状態。いわゆる「老け顔」ってやつです。髭剃りもウェット派なんで毎日カミソリをあてるので、余計に乾燥が進んでいるようです。ようするにアンチエイジングっていうのが必要ということですね。

メンズスキンケアの必要性

この記事、皮脂量が多いことがスキンケアの必要性と言ってますがちょっと違和感ありますね。皮脂量が多い→毛穴が開く→毛穴に汚れ→ニキビ・吹き出物となってますが、もっと正確に言えば、「男性はちゃんと洗顔しない」ってことですよね。それ以外の理由は納得です。(水分量が少ない・シェービング・紫外線)

今日わかったこと

● 男性は年代によってスキンケアの課題がちがう

● 40代からのスキンケア(アンチエージング)は老け顔対策

● 老け顔とは?原因と対策をまとめる必要あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です