LUCIDO (ルシード) 薬用フェイスケア乳液の使い心地

LUCIDO (ルシード) 薬用フェイスケア乳液を使ってみました。価格もお手頃なのでこれで使い心地が良ければ本命かな、と思ってます。まずは夜、お風呂上り。適量?(100円玉程度)を顔になじませるのですが、つけた最初はかなりベタベタします。しばらくするとべた付きは落ち着いてしっとりとした感じに変わります。

風呂上りのすぐじゃなく、しばらくして肌の水分が落ち着いた時に使用したほうがよいかもしれません。また成分からか、目の周りは気を付けて塗らないとしょぼしょぼする感じになります。

翌朝、起きて顔を洗う時にちょっと違和感が、、、顔に一枚膜があるような感じです。乳液なので浸透するのではなく、まさに膜で覆っているのがよくわかります。

うーん、使うタイミングとか量など工夫する必要がありますね~。

今日わかったこと

● 最終的にはしっとりした感触になるが、最初はベタベタ。しばらく時間がかかる

● なので、朝出かける前に使うのはちょっとダメ。乳液じゃなくて化粧水のほうがよかったか?

● 風呂上りもすぐだとベタベタ時間が長い。使用量を少なくすればよいがそれで効果あるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です