またまた大波乱 8月24日の株安

 

波乱万丈

ほっとしたのもつかの間、、、8月21日の急落から続けて暴落、、24日現在下記となっています。

週明け24日の東京株式市場は、中国経済への懸念に端を発した前週からの世界的な株安の連鎖が止まらず、全面安の展開となった。日経平均株価は急落し、下げ幅は一時、前週末比937円03銭まで拡大した。終値も895円15銭安の1万8540円68銭と今年最大の下げ幅を記録、2月23日以来半年ぶりの安値となった。

8月18日は2万554円だったので、この2,3日で10%下落したことになります。でどうなったかということ下記のような状態。

  • 上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal)1566
    58,000 -5,000 (-7.93%)
  • NEXTFUNDS医薬品(TOPIX-17)上場投信1621
    21,040 -20 (-0.04%)
  • NEXTFUNDS銀行(TOPIX-17)上場投信1631
    12,680 -1,010 (-7.37%)
  • WTI原油価格連動型上場投信1671
    2,843 -2,920 (-4.88%)

NEXTFUNDS2種とWTIが追加されています。いずれもマイナス、、、たぶん明日も下げるでしょう。WTI原油は下がったら追加で購入しようと思ってます。業界では数年低迷が続くと言われてますが、、、、、。

このままだとまたアメリカに全部持っていかれる可能性が高いと考えてます。Google、Amazonに代表されるIT系、直近の米と思われるマイクロプロセッサ系、自国で賄えるシェールガス、ロボット分野でも集約が始まっているようだし、、、、。利上げまでは混乱が続きそうです。早く利上げすれば方向付けが決まるのでいいと思うのですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です