誰も言わないNISAの秘密(たぶん)

NISAの秘密

NISAの仕組みを説明するなどでほとんどの金融機関が「投資信託で長期で運用」って謳ってますがこれは金融会社のリスク回避です。もともと仕組みが難しいNISAで損をさせると「どうしてくれるんだ~!!」とお客から怒鳴られるので、「投資は長期で運用するものです、今は下がってますが必ず上がりますから、、、」と言い訳するためにそう言っているだけです。そりゃ5年もあれば「あの時に売っていれば儲かっていたんですがね~」と言えるようにしているわけです。

投資評論家が「今は軟調だけどかならず上がります、強気でいきましょう」と言うのと同じことですね。評論家ですから強気のもの言いスタンスを取っているほうがのちのち楽だからです。弱気な発言してもしはずれたら「お前を信用して株を売ったのに逆に上がったじゃないか?」と文句を言われるわけですが、こちらのほうが評論家としては致命的な印象となってしまいます。つまりどちらがリスク回避しやすいかと言えば強気な物言いということになります。

NISAも同じで金融会社は文句を言われないようなアプローチとして「投資は長期ですよ、投資信託の積み立てがおすすめ」と言います。「NISAは5年間保持して売買も1回しかできないので、配当や株主優待のある会社に投資して長期ホルダーのメリットを生かしましょう」と言うわけです。

でもNISA制度自身がたぶん変わってきます。「NISAは長期運用が基本?」でも記載しましたが、ジュニアNISA試行に伴い恒常的な仕組みに変わると思われます。毎年100万円(来年からは120万円)まではそこで得られた利益に関しては非課税にしますよ~がずっ~っと続くと考えたほうがよいです。

だとすると利益が出た時点で非課税メリットを得なくては意味がないのです。利益が出てこそNISAの非課税が生きるのです。

「このまま持っていれば、もっと儲かった」とかいろいろあるかと思いますが、定期預金の金利と比較してすこしでも税金取られる金額を減らすほうがよっぽどこの制度をうまく活用することにつながると思います。NISAの秘密はたぶんずーとこの制度が続くってことです。ずーと続くなら長期だとか考える必要ないですよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です